ひず屋本店
アオモリ探検隊ブログのトップへ
美味しい飲食店イベント・お祭りレジャー・観光名所ばやばや

はちのへ三社大祭2006特集

2006年08月05日

週間 八戸三社大祭 FINAL

八戸三社大祭 後夜祭

興奮さめやらぬ中、幕を閉じた八戸三社大祭
祭り期間中には思いもよらぬスペシャルゲスト
の登場で、会場もさらに賑いました

どの町内を見ても大人も子供も笑顔で楽しく
この雰囲気に酔いしれてましたッそんな場面
を皆様にお届けしよと思います

糠塚下組







山車2山車







山車5山車3







ライトアップされた山車は日中の山車とはまた
ひと味もふた味も違いますよぉ
山車の華やかさに目を奪われました
みんなの祭りへの想いが爆発です
このブログを通してお祭りに携わる方が増えると
嬉しいですねッ
最後に、ご協力いただきました

糠塚附祭組 皆様
下組町山車組 皆様

ありがとうございました

はちのへ よしだ


aomoritanken at 11:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年07月27日

週間 八戸三社大祭 

前夜祭
  カウントダウン4日前の巻

 
山車制作もそろそろ追い込みに入ってきました
睡眠不足で・・・。という方もちらほらと
 本日は下組町さん糠塚さんの両方へ足を運んで
きました。ほぼ山車の上に人形が乗ってました。


人形衣装衣装完成











 人形に衣装(鎧)を着せている所です。
着せながらもバランスを見たりと大忙し
とてもインパクトがありますねぇ
色鮮やかです

下組人形糠塚人形











 ↑そして各町内の気になるお二方に登場して頂き
ました 思いの他お二方とも身長が大きいです。
前夜祭に、お二方がどこにいるのかチェックしてみる
のはいかがですか

糠塚山車下組山車






 山車の完成具合を見ていよいよだなぁ〜
と実感しました。この迫力と動きをいち早くお見せ
出来ればと思いました臨場感たっぷりです
写真だけでは伝えきれませんので、当日は是非
見に行きましょッ

はちのへ よしだ


aomoritanken at 16:14|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

週間 八戸三社大祭 〜特別編〜

八戸三社大祭
     こんな見所もありますよ


横笛←横笛
 





 実は町内によって笛の太さ違うんです
もちろん音色も違いますが、その町内により
お囃子も違います余談ではありますが、
黒塗りの方は自前です

小太鼓←小太鼓






 お囃子練習場所は町内により異なりますが、
各町内の屯所や神社等の空き地などいろいろ
です。

大太鼓
←大太鼓





 近くで聞いていると、お祭りの血が騒ぐのは、
私だけでしょうか!?バチを大きくふりかざして
たたく大太鼓 振動がとても凄いです。
練習時間も町内により異なりますが、だいたい
夕方6時くらいから8時頃まで

練習風景 
←練習風景





小太鼓・笛・大太鼓 3つが合っていい音
でした。お祭り当日は半纏やゆかたに身を
包み更に盛り上がりそうです

はちのへ よしだ


aomoritanken at 16:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年07月20日

週間 八戸三社大祭

~前夜祭までカウントダウン
            あと11日の巻~

 
糠塚さんへお邪魔しております
前夜祭へ向けて山車は出来上がってきているようです
進行具合は80%位で、人形が山車に乗るとほぼ完成
というところまできてました
最終項目として、山車に大太鼓・小太鼓をのせれば

椰子の木←椰子の木

舞台は琉球。故に、
欠かせないアイテム
すごい本物に見えます
もちろん手作りです



仕掛けシーサー






 ↑
 シーサー

←仕掛け

 とても鮮やかな色合いのシーサーと龍。 
この大きな仕掛けによってシーサーが空高く
あがります。丁度、仕掛けの調整を行っている
所でした。人形が上下するのも八戸三社大祭の
大きな見所です

正面見返し






 ↑              ↑
山車正面          山車見返し

側面


←山車側面



 ほぼ完成に近い状態に見えましたが、まだ細かい
部分が残っているそうです。調整の為、全体とまでは
いきませんが、ライトアップされていました
やはり真近で見る山車は迫力が違います
いろんな角度からベストショットを求め夢中で写真を
撮ってました

31日前夜祭がものすごく楽しみ

はちのへ よしだ


aomoritanken at 18:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年07月13日

週間 八戸三社大祭

 隠れ家発見の巻

 下組町さんの制作進行具合をお伺いしました。
大体60%くらいのできあがりだそうです。

人形土台←人形土台






 こちらは人形固定の土台です
実はあの大きな馬や人形が動かないように、
この太いパイプに串刺しになります
人形の位置や角度が決まってしまうので、
固定作業を慎重に

馬顔1馬顔2





 実はこんな所まで、手が込んでます。
馬のまぶた、鼻や口の動き
発泡の上に更に紙粘土にて整えます。
何とも言えない表情がでてますよねッ

塗装
←塗装前
ペンキ臭がするので
マスク完全防備



蔵?
←蔵?





 山車の一角に隠れ家のように見えるこの扉
ここに、はしご・工具・花笠等をしまうそう。
運行中に何かあった際、即座に対応できるよう
にだそうです なるほどぉ

 山車団地にて取材を行っておりますが、
段々とどこの町内も制作時間が長くなって
きているようです
お囃子練習も始まり市街のあちらこちら
から笛、太鼓が聞こえてきます

はちのへ よしだ


aomoritanken at 14:34|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年07月06日

週間 八戸三社大祭

熱烈制作ばくしん中の巻

 今週は糠塚さんへお邪魔しました
前回からさらに進化をとげてました
取材中も次は何をするのかワクワクでした

妖獣ワールド

←妖獣ワールド

 

 


 山車の上は制作小屋で見た妖獣達
今にも動き出しそうな感じでした

龍

龍のおなか

 

 

 


 ↑               ↑
龍を組み立て中       龍色付
 
 実は組みたて中の龍は、先週の状況です
龍の体はこうやって作られてるんだなぁ
今週、この龍には色吹きされ、おなかの部分も
丁寧に色塗りされてました

妖獣色あの人は今・・・






↑               ↑
妖獣に色吹き        ・・・

 妖獣も本日色吹き中でした
各工程にて皆さんの動きに目を奪われてました
細かな作業から専門的な作業までそつなくこなさ
れてるんです額の汗は見逃しません。
ミドリに変身した右の龍
実はこの方です

人形の固定

←人形位置固定

 

 


 真剣なまなざしで、人形固定位置調整中
他にも沢山お見せしたいシーンがありました
できるならば音声もお伝えしたいが本音デス

はちのへ よしだ


aomoritanken at 14:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月29日

週間 八戸三社大祭

大物から小物までの巻

 下組町さんの本日の制作状況です
八戸三社大祭前夜祭まであと1ヶ月となりました。
段々と形が見えてきてますネ

もみじつけ出来上がり






             ↑
         1もみじ完成
←もみじ付け

 
もみじの葉を1枚1枚広げて枝に丁寧に
つけていきます。重ねてつかないように、
バランスを見ながらの作業です。
こうして完成品ができますが、これが仕掛け
になったりします

餃子!?化粧中






↑               ↑
餃子          メイク中

 よぉ~く見なくても耳にみえますよねぇ
みなさん餃子なんて言いながら笑っていました。
この餃子がいえ、耳がついて乾くと、初めて
色塗りに入れます。肌の色にはこだわりがある
ようです。

笹途中経過








↑               ↑
笹の葉            山車の上では・・・

どの町内も徐々に山車の上が活気づいてきました
みなさんがお目にかかることの無いようなシーンを
是非× 激写したいですね

はちのへ よしだ


aomoritanken at 14:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月22日

週間 八戸三社大祭

具沢山の巻

本日は糠塚附祭組さんにお邪魔しました
進行具合をお伺いしたところ、親方さん曰く
まだ30%〜40%程だということでした

山車制作図←山車完成図

どの町内にもこのような
山車完成図が存在します。
出来上がりが楽しみ
題材と合った素敵な山車の
イメージがわきますよね


 

 

顔制作PART.2カラス天狗

 

 

 


 ↑              ↑
顔制作PART1        顔制作PART2

町内によって人形の顔の制作の仕方は若干異なる
様です。PART2はカラス天狗
彫刻刀で、粘土を削りだしてます

悪獣の。。。主人公の乗り物

 

 

 


 ↑              ↑
悪獣の紙貼り        シーサー

前回の悪獣達は、紙がきれいに貼られています。
何頭も間近で見て圧倒されました
山車の上には既に、為朝の乗り物シーサー
つけられていました。

竜←龍の顔ですが・・・。
窓よりもでっかい
人が簡単に飲み込ま
れても、おかしくない
角度で、口あいてます。



山車にのせる沢山のアイテムが目の前で、
どんどん形になっていくのを見て感動

はちのへ よしだ 


aomoritanken at 15:17|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月15日

週間 八戸三社大祭

山車作り参加の巻

本日は週間 八戸三社大祭,砲
ご紹介した下組町さんに再びやって参りました

馬の裸!?馬のタテガミ

 

 

 


 ↑              ↑
 馬の裸!?        タテガミ

なんか異様な光景ですよね?
これから紙を貼るそうです。
よぉ~く見ると頭頂部にも無いんです。
アレが。。。
そぉうタテガミがです タテガミは麻で出来ている、
この毛束を束ね結びまた束ねを繰り返して作ります。
私もちょっとだけお手伝いさせていただきました

馬の鞍←馬の鞍






馬達が装着する鞍を型からおこしてます。
細かなアイテムもしっかり作られてます

船バージョンUP←船バージョンUP
 





前回貼り師さんが作業していた船
バージョンUPしてました

新顔くん←新顔くん






人形の顔にも色がついちゃって
近くで見ると結構ハクがついてます

だんだん形になっていく様子が毎週ではなく
毎日気になり始めている今日この頃です
はちのへ よしだ


aomoritanken at 13:22|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月08日

週間 八戸三社大祭

悪獣との決闘

本日は『糠塚附祭組』さんへ
お邪魔しました

山車のテーマは「椿説弓張月」
         〜ちんせつゆみはりつき〜
     昔の琉球国を妖術使いが
    乗っ取ろうとし王妃までも狙い、
    悪獣を出現させ禍をもたらす。
    それを源 為朝が退治していく。



悪獣本体制作2週間目の
  悪獣






見えますかすごぉく小さく
タバコがのっかっているのが。
頭が虎、体が牛の悪獣

発泡切り悪獣の顔




 

↑              ↑
 発泡切り              悪獣の頭

悪獣を制作するのに、発泡を左図のように切り
わけていっています非常に×難しいです。
熱線が切れることもあったり
舌や牙という細部の顔作りが手がこんでます

土台作り鉄筋切り

 

 



 ↑              ↑
土台調整              鉄筋切り

仕掛けのスライド位置決め中
主役の立ち位置の関係上、何度も何度も
調整を行っていました。山車が盛大に見え
る為にも、この様な作業が行われているん
ですねぇ

はちのへ よしだ


aomoritanken at 11:26|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
あおもりポテンシャルビュー
青森県ウェブアンケート
青森県ウェブアンケート
新たなオススメ!
【ひず屋本店】

サケから生まれたタンパク質
『プロテオグリカン』
ネットで買うならひず屋本店!


【つじむら酒店】

青森の地酒バカが選ぶ本当に美味しい日本酒をご案内いたします。
本格焼酎、人気のゆず酒なども多数品揃え\(^0^)/


【海鮮創作 海坊厨】
ボリューム満点!特製オムライス


今までにない料理の数々!新鮮魚介類を使ったお任せコース!!


【〇大 しらはる】
夜限定の鴨白湯らーめんを昼1:30~3:00まで提供します。

煮干しらーめんは、煮干しが効いて煮干し中毒の方にオススメ 鴨つけ麺は、県内唯一の鴨白湯のつけ麺です。

【酒舗 たかはし】

日本酒とワインの専門店!人気の田酒、豊盃、亀吉も豊富に取り揃えております!

飲むならコチラ!
【炭火焼 淳晴】

女将のブログはじめます!お店に関することだけではなく、つぶやきやノムさんばりのぼやきもあるかもしれません(笑)!

月別記事アーカイブ
ブログランキング