アオモリ探検隊

ビジネスサービス社員が私財と余暇を投げ打ってアオモリを探検するブログ

観光名所

五所川原の甘いもの

この記事は 2010年12月21日 に書いた記事です。

現在は状況が異なる可能性があります。

ひろさき くどう(ひ) です。
ひろさき@くどう」とも「あおもり くどう」とも違います。
ややこしくてすいません・・・。

まぁそんなことはさておき、
生まれてこの方五所川原市民の私が五所川原はエルムだけじゃないぞ!という所を紹介したいと思います。

今回はこちら!

DSCF2554_R

太宰治御大が直々にがお出迎え、金木町観光物産館「マディニー」にやってきました。
向かいはかの有名な「斜陽館」です。

IMG_1594_R

なぜマディニーやってきたのか?
それは金木銘菓「甘露梅」が一同にそろっているからです!!

DSCF2557_R

各銘店の甘露梅がずらり。
ポップの太宰もどれにしようか悩ましげです。
甘露梅とはこしあんを求肥としそでくるみ、砂糖でまぶしたお菓子です。
見た目はほぼ一緒ですが

ふしみ菓子さん→甘み強め
外崎菓子さん →しその風味強め
松しまさん  →バランスが取れている。値段高め。
しらはるさん →試食がなかったため評価できず

と特徴があります(* 素人貧乏舌による調査なのであしからず *)
試食がパックに大量に詰まっているのでたくさん食べてお好みをチョイスしましょう!!

そして私はこれを選択。

DSCF2560_R

松しま菓子さんです。
昔じいちゃんが好きで食べてたもので(遠い目)
中身はこんな感じ。

DSCF2566_R

箱にぎっしりです。
テトリスなら高得点です。
断面図はこちら。

DSCF2567_R

箱もぎっしりなら中身のあんこもぎっしり!
これに砂糖いっぱいってどうなの?と思われますが、あんこの甘みが抑えられていますのでそれほどしつこくないのです。

これから来客が多くなる年末、温かい煎茶にこの「甘露梅」いかがでしょうか?

DSCF2570_R

ひろさき くどう(ひ) でした。