ひず屋本店
アオモリ探検隊ブログのトップへ
美味しい飲食店イベント・お祭りレジャー・観光名所ばやばや

2006年07月24日

五所川原立佞武多レポート2006 特別編

〜立佞武多製作スタッフ齊藤さんに聞いてみました!!〜

立佞武多「杙(くい)」は齊藤さん作、です今回の立佞武多レポートですが、”製作者サイドからみた立佞武多”情報をGetしてみたい、ということで、製作スタッフ齊藤さんへインタビューを敢行しちゃいました。

筆者: 立佞武多の製作に関わるようになったきっかけは?

齊藤さん:7年ほど前に、東京ドームで開催されたイベントに立佞武多が参加していて、地元の祭りが参加しているってことで行ってみたんですが、立佞武多の姿を見て激しい衝撃を受けましたね。
その後、製作ボランティアとして参加しているうちに、立佞武多主催者側から誘いを受け、現在に至ってます。

筆者:立佞武多の年間スケジュールを教えてください。

齊藤さん:まずは、8月の祭り本番が終わると、翌年の2月までに新作の製作にかかります。今年は、9月に札幌ドームで行なわれる「日本のまつり」にも参加しますので多少ずれるかも知れませんね。立佞武多を10トントラックで2、30台で札幌まで持って行きますんで大分大掛かりなものになりますよ。
で、新作が完成すると祭り本番までは、3年経った立佞武多の修復に入ります。立佞武多の館で常時3体展示している事もスケジュールに影響していますね。
「祭り+展示」の両方を考えたスケジューリングをしています。

筆者:青森ねぶた、との違いは?

齊藤さん:まずは、”大きさ”ですね。さらに青森ねぶたのように”全体”を見ながら製作するのは不可能なのが立佞武多ですんで、”パーツ”ごとを製作しながらも、”全体”を常にイメージして製作してますね。

筆者:製作する上で参考にするものは?

齊藤さん:春先に実は、京都・奈良にいって仏像巡りをしてきました。立体的なモチーフとしては”仏像”が参考にしやすいですね。
でも、私は遠出して色んなものを見る事も大事なのですが、県内各地を回って”人々との触れ合い”の中から、その場の”空気””雰囲気”なんかを立佞武多に表現できれば、と思ってますね。

筆者:今後どういった立佞武多を作っていきたいですか?

齊藤さん:そうですね、新庄選手じゃないですけど”記憶にのこる立佞武多”を作っていきたいですね。「あの年のさ、あの立佞武多すごかったよね」って言われるような。
あと、三国志なんかの”歴史上の物語”をモチーフにした立佞武多はあまり興味がありませんね。散々製作されまくっていると思いますので。
えっ、ここにスポット当てるの?」って思わせるような立佞武多をドンドン作っていきたいです!!
注)修復完了した平成16年度の立佞武多「杙(くい)」のモチーフも戦国武将などではなく、護岸工事の作業員がモチーフとなっているそうです!!

インタビューに答えてくれた齊藤さん、お忙しい中ありがとうございました。
東京ドームで立佞武多に出会い、現在まで、その情熱をUpし続け製作に燃える齊藤さん。これからもさらに良質な立佞武多を製作すること間違いなしですね。

次回は立佞武多の館の館長さん、岩谷さんのインタビューを予定しています。

あおもり おやま


aomoritanken at 13:01│Comments(0)TrackBack(0)五所川原立佞武多2006特集 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
あおもりポテンシャルビュー
新たなオススメ!
【ひず屋本店】

サケから生まれたタンパク質
『プロテオグリカン』
ネットで買うならひず屋本店!


【つじむら酒店】

青森の地酒バカが選ぶ本当に美味しい日本酒をご案内いたします。
本格焼酎、人気のゆず酒なども多数品揃え\(^0^)/


【海鮮創作 海坊厨】
ボリューム満点!特製オムライス


今までにない料理の数々!新鮮魚介類を使ったお任せコース!!


【〇大 しらはる】
夜限定の鴨白湯らーめんを昼1:30~3:00まで提供します。

煮干しらーめんは、煮干しが効いて煮干し中毒の方にオススメ 鴨つけ麺は、県内唯一の鴨白湯のつけ麺です。

【酒舗 たかはし】

日本酒とワインの専門店!人気の田酒、豊盃、亀吉も豊富に取り揃えております!

飲むならコチラ!
【炭火焼 淳晴】

女将のブログはじめます!お店に関することだけではなく、つぶやきやノムさんばりのぼやきもあるかもしれません(笑)!

月別記事アーカイブ
ブログランキング